水素水サーバーと水素水風呂の口コミと効果

MENU

水素水で糖尿、痛風、更年期障害に改善効果があるって本当?

 

活性酸素と言えば、身体に良いものと誤解してしまいがちですが、活性酸素には、白血球の一部を利用して体内の細菌を破壊し、守る役割をします。しかし、悪玉が増えすぎると自身の細胞を破壊する事が判ってきました。
更に、身体を酸化(錆)させ、老化の促進や色んな病気の原因となることが判明しています。
この活性酸素と水素が結合すると、活性酸素は減少若しくは消滅します。

 

水素水と糖尿病
糖尿病と診断される人の数は、950万人にものぼります。予備軍は、1100万人も居ると言われています。糖尿病は遺伝もありますが、多くは食生活に問題があります。
糖尿病の発症は、インスリンというホルモンの分泌量が減少することでなる病気です。インスリンは、血液中の糖分を体脂肪として取り込み、血糖値を下げる役割をします。

 

膵臓のβ細胞は活性酸素に非常に弱く、活性酸素が増えるほど、β細胞の機能低下を招き、インスリンの分泌を減少させます。
水素は、活性酸素と結合すると活性酸素が減少するために、膵臓のβ細胞の機能の定価や改善が期待できます。

 

 

 

 

水素水と痛風
水素水を摂取すると利尿作用があります。この利尿作用が水素と活性酸素と結合して、体外に排出されることにより、痛風には良いと判ってきました。
痛風の原因は、何かしらの原因で、プリン体の老廃物である尿酸のが尿として排出されず、関節内にナトリウム塩の結晶として溜るの事で、白血球が異物と判断し、攻撃することで痛みを生じるものです。

 

痛風を予防・治療する一つの方法として、水分の補給を人の2倍にする事が挙げられます。水素水は過酸化物質を抑える働きをし、炎症効果を持ちます。従って、痛風のような病気には、通常の水を飲むより、水素水を飲むことをオススメ致します。

 

 

 

水素水と更年期
更年期は女性ホルモンの減少によって引き起こされます。大体の目安として、45歳位から更年期障害は始まるとされています。そこで、女性ホルモンの中でも減少すると言われているエストロゲンという分泌量は50歳位から急激に分泌されなくなり、同時にコラーゲンも減り、心身に異常をきたし始めます。

 

そこで、水素水はシワやシミなどの老化を促進させる酸化酸素を中和若しくは解消させる役割があるので、毎日水素水を飲むだり、水素水で入浴することにより、身体の内外から臓器の活性化・美容の改善・病気の予防になる事になります。
水素水で、美肌、美白、シミ、シワ、たるみなどの解消が出来ることは、女性ならば幾つになっても嬉しいことです。
また、水素水パックといって、ティッシュなどに水素水を染みこませ、顔にパックしてみるなどもオススメです。