水素水サーバーと水素水風呂の口コミと効果

MENU

水素水は赤ちゃんや乳児に飲ませても大丈夫?

人気の水素水は、健康や美容などあらゆるメリットがある為に、色々な目的に合わせて飲まれています。飲料水として、または調理用として使う方もいますが、実は赤ちゃんのミルクにも使えるのです。ミネラルウォーターは、その成分量によっては、ミルクに適さない事もあります。マグネシウムなどは、過剰摂取すると赤ちゃんの腎臓に負担となる為に、ミネラルウォーターを選ぶ時には注意をしないといけません。しかし、水素水はバランスが良い為に、赤ちゃんのミルクを作る時にはお薦めです。水道水では、塩素が強い為に煮沸をすることが必要になります。そのような手間を考えても、市販の水素水を使うことはとても手軽ですよね。

 

水素水には、老化防止やダイエット効果など色々期待できる作用があります。体内にたまる老廃物を出すデトックス効果なども、とても人気があります。体にはとても安全で、水素は厚生省から食品添加物として認可されていますので、誰でも安心して飲む事が出来るのです。高齢者の方や赤ちゃんのミルクなど、安全性のとても高いお水です。ミネラルウォーターは、色々な種類も販売されていますが、水素水にはその独特な効果があるために、愛飲している人はとても増えています。赤ちゃんのミルクには信頼できる商品を選びたいですね。成分量や、安全性などをよく調べる事が重要です。

 

水素水は小さな子供にも飲ませることが出来ます。粒子がとても細かい為に、浸透性がよく体内の血液も循環が活発になります。脳の働きを活性化することが出来ますので、勉強がはかどる事なども子供にはメリットになりますね。体に安心して毎日飲める水素水、子供の水分補給にはぜひお薦めです。病気の予防にもなりますし、胃腸の働きを活発にする効果があるために、消化吸収の働きをアップする作用もあります。体の発育のためにも子供にはぜひ水素水を飲ませたいですね。さまざまな効果のある水素水、赤ちゃんのミルクをはじめ、子供にも飲める為、家族みんなで愛飲できる事が特徴です。

 

 

水素水サユラ(SAYURA)は、産前産後、授乳中も安全に飲めるよう、
お水自体の安全性と管理に重点を置いています。

 

サユラ(SAYURA)で使用されている水は、

 

日本名水百選という厚生労働省が認定した、きれいで安全性が高い
熊本阿蘇の外輪山から流れ出るお水を使用しています。

 

このお水は、国連の生命の水という賞も受賞しているぐらい
世界的に有名なお水で、

 

しかも、SAYRA水素水は、このきれいな水を更にきれいに・安全にするため
4回も濾過を行い、最後には水の分子を小さくするナノクラスター処理を
行っています。

 

他の水素水以上に、安全面・衛生面・味に重点を置き、
赤ちゃんや乳児でも飲用できるという点がSAYURAの特徴と
言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんへの危険性

 

水素水は赤ちゃんが摂取しても安全なのかという不安感はあることでしょう。結論としては、赤ちゃんが摂取しても一応大丈夫とは言われています。副作用については薬とは違い特に報告されているわけではありません。しかし、まだ幼い子供が摂取するにあたっては注意すべき点があります。
 まず、乳児または幼児期については大人と違ってまだ消化器官が発達しているわけではありません。そのため、乳幼児が飲んだ場合には消化能力を超えてしまう可能性が指摘されています。そのため、よく知らない状態で長期間飲んだ場合にはあまり健康によくないことが起こってしまうこともあります。そのような事態を避けるためには、ph値を把握しておくようにします。ph値とは酸性かアルカリ性かを見分けるために用いる数値です。水素イオン指数とも呼ばれています。一般的にph値が7より低い場合においては酸性を示し、逆にph値が7よりも高い場合においてはアルカリ性を示しています。
 水道水を例にとった場合においては、ph6からph8前後が大体の基準値になります。これは大体弱酸性から弱アルカリ性の数値ですが、一般的にはph値が7くらいとなっているので水道水は中性に近い成分となります。酸性に近づくほどにph値が低くなることから、若干アルカリ性に近い数値に人間の体は近づける必要があるということになります。ph値を理想的な数値にするには、弱アルカリ性である7.4に近づけておくことが理想とされています。
 水素水の数値については、弱アルカリ性からアルカリ性を示していることが多いです。これは、体の中が酸性を示している場合に摂取することでアルカリ性へと中和する作用はあります。ただ、アルカリ性の特徴としては苦くて飲みづらいというデメリットがあります。できれば、水道水の一般的なph値であるph7前後の水素水を購入して飲ませるようにしましょう。これは、母乳と大体似たようなph値となります。
 上手く水素水を摂取することで免疫力の向上と体の細胞の活性化が期待でき、またアレルギー反応を抑えることができます。赤ちゃんにとって飲みやすいタイプの水素水を飲ませておくことは、健康づくりにおいては大事です。
 ただ、赤ちゃんにはミネラルを含む水は必要ではありません。ミネラルウォーターは中のミネラルの成分が内臓に蓄積されることでかえって健康に悪影響を及ぼすことがあるためミネラルウォーターからつくることはやめておいたほうがよいでしょう。ですので、普通の水道水に水素を溶かして服用させるだけで充分です。"